一人暮らしにかかる「費用」の話<

お部屋を借りるには、月々の家賃だけで判断してはいけません。お部屋によって初期費用は様々です。
一人暮らしを始める前に、まずはどれ位の初期費用が必要か、項目ごとにチェックしてみましょう!

敷金

全国平均 家賃 約1~3ヶ月

敷金とは、修繕費用や家賃滞納などに当てる費用などの目的で大家さんに預けるお金の事です。
契約書に定められた補修費用を差し引かれて返却されるので、お部屋は綺麗に使用しましょう。

礼金

全国平均 家賃 約1~2ヶ月

礼金とは、大家さん、家主さんに対して謝意を込めて支払うお金の事です。
一般的には1~2ヶ月が相場です。大家さんの考えで礼金なしというケースもあります。
退去時に戻ってくるお金ではありません。

前家賃

家賃 1ヶ月

家賃の支払い方法が「前家賃」となっている契約の場合は、入居した翌月の家賃を、契約時に前もって支払います。

日割り家賃

家賃 1ヶ月÷月の日数×契約日数

契約開始日が月の途中となった場合、まるまる一ヵ月分ではなく、日割りで賃料を計算する方法です。前家賃とあわせると最大で約2ヶ月分となる場合もあります。

仲介手数料

家賃 約1ヶ月分

仲介手数料とは、不動産会社を通して不動産を売ったり買ったり、あるいは貸したり借りたりする場合に、不動産会社に成功報酬として支払うお金のことです。

保険料

2年契約で約1.5~2万円

入居の際には、火災保険に加入することが入居の条件にされていることがほとんどです。通常は2年に一度更新となります。

敷金・礼金ゼロ円とは?

近頃「敷金、礼金ゼロ」という言葉をよく耳にしませんか?
お部屋探しをしていると、いきなり立ちはだかる、この「敷金」と「礼金」という言葉。
分からないままお部屋を探すよりも、まずは言葉の意味を知ってから、お部屋探しをスムーズに進めましょう!

そもそも敷金、礼金とは?

敷金とは、退去時に家賃の滞納、部屋の修繕の必要などがあった場合、その不足分に割り当てられる、家主の「一時預かり金」です。
通常は、修繕費、滞納費を引いた差額が、退去時に返還されます。
一方、礼金とは、部屋を借りる際に、家主に契約締結の謝礼として支払うもので、通常、返金はされる事はありません。
戦後からの慣習として現在も行われているものですが、時代とともにその内容は少しずつ様変わりしています。

敷金、礼金ゼロのメリット

借りる側からすると、初期費用が大幅に抑えられるということ、これに尽きます!
賃貸物件の初期費用は、家賃1ヶ月分と仲介手数料の他、「敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分」というのが一般的です。
それに比べて、敷金、礼金ゼロ物件を借りれば、家賃4ヶ月分もの差が出るということ。
安い初期費用で、より良い物件を借りることができるのは、大きな魅力ですよね。

敷金、礼金ゼロのデメリット

礼金ゼロに関しては、デメリットはほとんどありません。浮いたお金を他に回してしまいましょう。
敷金ゼロについては、入居時に敷金をいただかない分、退去時に部屋にキズや汚れがあると、借主の実費負担になる可能性があるというリスクがあります。
もちろん、一概には言えませんので、不安や疑問を感じたときには、気兼ねなく相談ください。